生前に相続対策をすることで税金を減らす

###Site Name###

財産を多く持っている人は、生前に相続税の対策をしておくことによって後年に残された家族が楽な生活をする事が出来るようになります。

相続対策において最も大切なことは、必要以上に相続税を支払わないことです。



確かに相続税に関しては控除の規定がありますので必要以上に税金を支払わなくても良いものもあります。

しかし、一定以上の金額になるとその控除の規定も働かなくなってしまうことが多いため、相続税を下げることが出来る対策があるのならばそれ生前にやっておくことは非常に大切なのです。

では、相続対策としてどのような手段があるのでしょうか。

一番簡単な方法は、生前に財産を残された家族に対して贈与することです。

贈与と言うのは、そのままの意味で持っている資産や価値のある財産を誰かに対して与えることを言います。

相続との大きな違いは、贈与が契約によって締結されるということです。

贈与は義務によって生じるものではなく、あくまでも当人同士の契約によって生じるものであるため同意さえあれば生前に財産を家族に対して与えることが出来ます。

しかし、贈与に関しては注意点もあります。
それは、財産を持っている人が亡くなるかなり前から贈与の契約を締結しておかなくてはいけないということです。

亡くなる直前に贈与をしてしまうと、その贈与は相続対策として行われたと見なされるため相続税を取られてしまいます。
そのため、行うときには時期も考慮して実行しなくてはいけません。

相続というのは、人が亡くなったときに、故人である被相続人の財産などの権利義務が家族などの相続人に受け継がれることをいいます。相続をする際には、相続税などのさまざまなお金が絡んできます。

いざというときに困らないためにも、相続対策についての知識を身に着けておくことが大切です。


相続対策は大きく分けて、相続税対策、納税資金対策、分割対策の3つが挙げられます。

相続対策を行う場合には、この3つをバランスよく行うことが大切です。
相続税対策としては、生前贈与を利用する対策があります。



生前贈与を利用し、非課税枠などを考えながら少しずつ財産を継続的に財産を贈与していくことで、節税と納税資金の確保を同時に行うことができます。

また、不動産を購入し、現金を評価額の低い財産に換えるという方法もあります。

相続税対策を行い、節税に成功したとしても、相続税を納めることができなければ、遺産を相続することはできません。
そのため、納税資金対策も同時に重要となります。

その一つとして挙げられるのは、遊休資産の売却です。



売却できる資産があれば、それを売却した代金を納税資金として確保することができます。また、相続税の額を予測し、その額に見合った生命保険に入ることで、死亡時に支払われる死亡保険金で相続税を支払うという方法もあります。分割対策としては、何よりも遺言書を用意することが大切です。法定相続人によって資産を相続する際に、遺産相続争いが起こってしまうと、遺産分割がうまく行われず、相続税の申告期限に間に合わないなどの可能性があります。遺産分割において遺言書は非常に重要な意味を持ちますので、必ず用意するようにしましょう。このように、相続対策を行うときには、節税と納付金の用意、争いの回避が非常に重要です。


相続対策の基本的な知識を身に付けた上で、争いのないスムーズな相続にすることが大切です。

相続対策としていろいろな方法があります。

遺産の分割対策は亡くなった後に争いを防ぐために遺言書を作成しておく事が重要です。
遺言書がないと法律に定められた方法で遺産を分割することになります。


生前贈与は長い年月をかけて複数の人に遺産を贈与していくと相続対策として効果があります。

親族間で行われるので事実を明確にさせておく必要があります。

贈与の時期や事実がわかるような形で残します。

書面にしたり通帳振り込み、不動産の登記などで事実を明確にしておき、贈与税の申告をします。


節税対策としても有効な方法です。

配偶者控除制度の活用も節税対策になります。

配偶者間で居住用住居または居住用住居取得のためには2000万円までは贈与税がかからない制度です。


婚姻期間が20年以上ある事が条件です。
申告が必要になります。所有不動産を賃貸用に変更すると課税価格の評価額を下げる事ができますから納税対策として効果があります。


生命保険は一人500万が非課税となりますから相続人数をこえて契約しなければ全額非課税になります。

死亡退職金も同様ですから優遇制度を十分に活用すると良いでしょう。
生前の納税対策として有効な方法としてアパートなどの金融資産を子供に贈与する事で増加する家賃収入をおさえる事ができます。贈与後の家賃収入は子供のものになり子供は納税資金として準備する事ができます。


生命保険の受取人も子供にしておくと保険金で子供は納税資金に充当する事ができます。

生前中に優遇制度などを活用して相続対策をしておく必要があります。

相続対策として税金を減らす場合、不動産を活用できます。

更地の土地を所有している場合、そのままにしているよりも建物を建てた方が相続評価額が下がります。
また、その建物を賃貸物件にすることでさらに評価額を下げられます。

更地にしているよりも建物を建てた方が固定資産税が下がるため、相続対策だけでなく、固定資産税の対策にもなります。

土地を持っていない場合でも、不動産を購入すると現金を相続するよりも税金を抑えられます。
建物は時価ではなく路線価などで相続評価額が算出され、評価額としては50%程度になります。

マンションを購入する場合、高層マンションの方が評価額が低くなります。

マンションは建物の評価と土地の評価の2つがかかりますが、土地についてはマンション全体の土地面積を戸数で分配して算出します。
そのため、少ない土地面積で多くの戸数がある高層マンションの方が低層マンションよりも土地評価が下がります。
財産が多くても、相続対策として現金をとにかく不動産にしてしまえば良いというものでもありません。

納税資金の用意もしておく必要があります。これは相続の発生時から3年前までの贈与については課税対象になるので、早めに行った方が多くのお金を無課税で贈与できます。

また、生命保険はすぐに相続人にお金が入ってくるため、納税資金の用意として有効です。

しかし、健康状態に問題があると加入を断られるため、健康であるときに加入しておきます。家族などの身内が亡くなった時に、故人が残した遺産を相続する手続きをしなくてはなりません。
しかし遺産には大別してプラスの遺産とマイナスの遺産が存在しています。
プラスの遺産とは、土地、住宅、預金などと言った価値のある財産です。


マイナスの遺産とは、借金と言った価値のない財産です。

遺産相続をすると、プラスの遺産の他にもマイナスの遺産も受け継がなくてはなりません。

つまり、借金を背負うことになります。

相続対策としては、プラス財産がマイナス財産を上回れば相続する価値があると考えます。
しかしマイナス財産がプラス財産を上回るようなら相殺してもマイナスしか残らず、相続する価値はありませんので、遺産放棄という手段を取るのが一般的です。

ただし生命保険に関しては、保険の受取人が遺産放棄をしても受け取ることができます。

というのも、生命保険は遺産ではないので、相続には当りません。
相続対策を素人が一人で考えるのは難しいのが現状です。

特にマイナス財産が多い場合は、どうするべきかよく考えなくてはなりません。


そこで、一人では判断できない場合は専門家に相談するのもおすすめです。


相続対策の専門家には、税理士、弁護士、司法書士、銀行などがいます。

また、一般社団法人も存在していますので、まずはこちらで簡単に相談して本格的な部分の相談は、ここから専門家を紹介してもらうことも可能です。
相談費などの違いもあるので、よく検討して利用することが大切です。