借金と財産を把握してから相続対策をする

借金と財産を把握してから相続対策をする

###Site Name###

相続対策をする時には、借金と財産状況を把握してから実施しなくてはいけません。

安易な相続をすると後で相続権者が大きな損失を抱えてしまうことになります。



前提として知っておかなくてはいけないのは、相続をする時には財産だけではなく負債も含めた計算をしなくてはいけないということです。

財産的な価値を持った遺産を抱えて亡くなった人の相続では、その遺産がどの程度の金額になるのかをしっかりと計算しなくてはいけません。

何故かというと、相続をするときには控除の規定が存在するものを除いて必ず税金を支払わなくてはいけないからです。
相続財産に関する相続税は、負債に関しては適用されずあくまでも財産上の価値のあるものに対して適用されることになるため、まずはそれらがどの程度の価値があるのかを調べなくてはいけません。

その上で、どのような相続対策をするのかを考慮するのです。

仮に、財産よりも負債が大きいときにはそのまま相続を放棄すれば良いですが、財産が負債を上回っていたときには相続を放棄する必要はありません。

この場合には、財産だけを都合よく相続ができる限定承認という法的手段を使うことが出来ます。

相続対策として限定承認を利用すると、財産と負債の差額を計算して分だけ相続をする事が出来るため相続税もその間のお金だけ支払えば済むようになります。


このように、相続対策をする時には借金と財産の関係をよく事前に調べておくことが大切なのです。


外国人が日本国の財産を保有しながら亡くなった場合には、その亡くなった方が日本国内において亡くなった場合にきちんとした相続対策をしなくてはいけません。
ただし、外国人に関する相続対策は非常に複雑なので外国籍を持っている人が亡くなったときにはすぐにでも専門の法律家に相談しなくてはいけません。


基本的に、外国人が日本国内で亡くなったときの相続の方法には二つの解釈の仕方があります。

一つは、日本国内の法律に基づいて相続を行うのかどうかで、もう一つがその人が元々暮らしていた国の法律によって相続を行うのかどうかです。

外国人が日本国内で亡くなったときには、まず外国の法律を専門家が調べる作業に入らなくてはいけません。仮に、アメリカ国籍を持っている人が日本国の財産を保有して亡くなったときには、アメリカの相続規定を確認してその相続規定がどのようになっているのかを調べることになります。

仮に、この法律に亡くなったときにはその国の法律に従って相続が開始される旨の規定があったときには日本の法律に従って相続が開始されます。

反対に、相続の規定にアメリカの相続規定に従うことが書かれていた場合にはアメリカの法律に従って相続を行わなくてはいけません。

この場合、さらにアメリカの法律に詳しい専門家に相談しなくてはいけないのです。

このように、外国人の相続対策では色々な法律的な要素が組み合わさっているので、迷わずに相談することが大切です。
最近では相続対策をとっている人がたくさんいます。


それほど相続財産が多くない場合でも、話しが拗れ親子兄弟間で遺産を巡ってトラブルに発展する事案が増えているのです。自分の遺した財産のせいで、家族間に亀裂が走り抜き差しならない状態になったとしたら、残念でなりません。

そういったことにならない為にも、相続対策をとる人が増えているのです。

その方法としては、遺言書を遺すことが挙げられます。
遺言書に遺産の相続方法について書けば、そういったトラブルを未然に防ぐことができます。ある人が亡くなった場合にこういった遺言書がないと、相続財産については相続人全員による遺産分割協議によって決めることになります。

この相続財産が全て金銭であれば法定相続分によって分けることができますが、不動産や有価証券等がある場合には均等に分けることが難しい場合もあります。
そのような場合に、トラブルになるケースがあるのです。



例えば亡くなった方の住んでいる家を巡って、誰がその家を相続するかで話しが拗れる場合があります。


そういった場合にしっかりと相続対策をとっていれば、そのようなことにはならなくて済みます。

自分の意思をしっかりと遺言書に書けば、その通りに自分の遺した遺産を相続人に分配することができるのです。

この遺言書については方式が決まっているので、それを遺す時はどの方式を使うかを考える必要があります。

また遺言書の書き方を間違えてしまった場合には無効となることもあるので、そういったことにならないように十分に注意する必要があります。

相続権は、被相続人の同意などによって与えられる権利ではなく被相続人の死後によって自動的に付与される権利です。

そのため、基本的には何もしなくても相続権が遺された家族に与えられることになります。


では、その権利は必ず行使しなくてはいけないものなのでしょうか。

実は、相続権の権利の行使は本人の自由な意思によってどのようにでもすることが可能です。


例えば、権利を行使せずにそのまま放棄することも出来ます。相続権を放棄した場合には、その相続に関する一切の権利を放棄することになるため、その相続によって生じるあらゆる責任から逃れることが出来るメリットもあります。

では、相続対策として相続権を放棄するときとはどのようなケースなのでしょうか。

最も多いケースは、被相続人が多額の借金を抱えていた場合です。


相続の厄介な点は、一般的に財産と考えられているものだけではなくその人が抱えた負債も相続の対象として含まれてしまうことです。

仮に、亡くなった人が全く財産を持っていない状態で亡くなってしまったときには相続権を行使すると負債だけを相続することになるため、相続権者にとって何のプラスにもなりません。

このような場合には、相続対策としてきちんと権利を放棄する必要があります。

相続の問題は、単純な家族間の問題ではなく亡くなった人の利害関係も含まれることを忘れてはいけません。

その中で無視できない権利関係があった場合には、相続権を放棄することによって相続対策を行うことができるのです。


親族が亡くなった時は葬儀をした後、その遺産を分割してそれぞれの権利者が得ることになります。
その時に相続対策をしておくと効果的で、あらかじめ準備をしておけば問題になりづらいです。


相続対策として効果的なものとしては、専門の弁護士などに相談する方法があります。

相続の問題は素人にはわかりづらいので、専門家と相談をすると簡単に解決できることが多いです。
専門家に相談をする時は無料相談を頼める場合もあり、そういう形で利用する事ができれば効果的です。
また相続対策をする時にやっかいになりやすいものとして、土地などの不動産の問題があります。



不動産は現金とは違い分割が難しいですから、土地などを相続した時は複数の権利者がいることになりやすいです。


しかしそういう形で複数の権利者がいると、売却をする時に非常にもめることになります。

そのため不動産の相続対策は重要で、あらかじめ関係者がもめないように対策をしておく必要があります。

更に相続の対策で重要な事は、相続税への対処を早めにしておくことです。

最近は相続税を支払う条件に当てはまる人が増えているので、普通に暮らしている人でも納税義務があります。
そういう問題への対策をしておかないと、支払いへの対応で困ることになります。
相続税への対策は税理士に頼むといいですが、場合によっては弁護士を利用して対応できることもあります。