3つの相続対策について

###Site Name###

相続対策には、大きく分けて「遺産分割対策」、「納税資金対策」、「節税対策」の3つの対策があります。このうち遺産分割は、相続税に関わらず誰もが考えておくべき相続対策です。

納税資金対策と節税対策は、相続税を中心に考えた相続対策になります。

一つ一つの対策について、見ていきましょう。
遺産分割対策として、まず行いたいことは遺言書の作成です。
遺言は法定相続より優先されますので、遺言書があれば相続トラブルのほとんどが防げます。
ただし、法律上有効な遺言書でなければ作成しても意味がありません。

できれば公証人に作成してもらう公正証書遺言が、不備なく作成できて偽造の恐れがないのでおすすめですが、自筆証書遺言にする場合には、専門家に相談するなどして、正確に作成してください。

生前のうちに遺産分割を進める方法もあります。

暦年贈与で長期間にわたって贈与していったり、相続時精算課税制度の利用も有効です。


納税資金対策では、収益物件を贈与して家賃収入を納税資金にしたり、生命保険の受取人を相続人にする方法があります。

節税対策としては、所有財産を縮小したり移転する対策、課税価格を引き下げる対策、優遇制度を活用する対策が考えられます。

があります。



前述の暦年贈与で年110万円までの非課税枠を使ったり、贈与税の配偶者控除を利用して不動産等の移転を行います。

また、所有不動産を賃貸すれば評価が下がるので課税価格を引き下げることができます。

死亡保険金や死亡退職金の非課税枠を活用する方法もあります。

被相続人の死去によって相続が発生すると、相続人達で遺産分割が始まります。遺産分割が終えると相続税の支払いが始まります。この時相続税を払う為の十分な現金が残されていなかったら、相続財産を売却して現金化してでも相続税を払わなければならなくなります。

その為相続対策として相続税を払えるように出来るだけ現金を残せるようにしておく必要が有ります。



それで被相続人が生命保険に加入して、保険金の受取人を相続人にすればいいです。

そうすれば被相続人が死んだ後は、生命保険の保険金が入ってきて、それを相続人同士で分割すれば、相続税を払う為の現金を補うことが出来ます。

ただ生命保険も相続財産扱いですから、生命保険にも相続税がかかります。だから生命保険も相続税を取られる分を想定して、保険金が多く貰えるよう、高額の保険に入る必要が有ります。他にも相続対策として生命保険を利用するメリットとして、遺産をあまり残せない場合に保険金を遺産として、相続人の為に残せられることが有ります。生命保険にも相続税がかかりますが、生命保険には法定相続人一人当たり500万円まで控除が有ります。

それで確実に一人当たり500万円以上は遺産として残してあげることが出来ます。
生命保険も期間が過ぎた後に死亡しても受け取れない定期保険よりも終身保険の方がいいです。ただし健康状態とかで生命保険に入れなかったら、この方法は使えないので別の相続対策を考える必要が有ります。

相続対策としては、遺言のような遺産分割に関するもの、生前贈与や賃貸による土地活用のような税金軽減に関するものなど、さまざまなものがあります。
このなかでも、遺産分割については、資産の多い、少ないにかかわらず、ほとんどすべての人にとっての課題となるものです。


相続対策として遺言書を亡くなる前に作成しておくことには、家族や親族どうしで無用な財産争いを避けるために、きわめて重要なことです。

通常、相続をするにあたっては、相続人となっている家族や親族が全員集まり、そのなかの話し合いによって、誰がどの財産を相続するのかを決定し、最後に遺産分割協議書とよばれる書類を作成します。



トラブルが生じやすいのはこの過程ですので、あらかじめ遺言書のなかで、財産の配分を被相続人の側で決定してしまうのです。
このようにすれば、法定相続分とよばれる、法律上の分割のめやすとして決められている割合よりも、被相続人の意思を優先させることができます。


ただし、遺言には強制的な効果があることから、その形式などについては法律によりかなり厳密な定めがあり、もしあやまった形式で遺言を作成すると無効になってしまいます。

そのため、信頼のおける弁護士や司法書士といった専門家に相談の上で、公正証書遺言のような確実な形式を選択することがすすめられます。また、弁護士などに相談をすれば、遺言以外にも効果的な相続対策の方法をアドバイスしてもらうことができます。

生命保険は、相続税節税や納税資金の準備など相続対策に有効です。
具体的な方法について見ていきましょう。

死亡保険金は、被相続人が生前築いた財産にはなりませんが、財産と見なされて相続税がかかります。

ただし、相続人が取得した死亡保険金には、「500万円×法定相続人の数」の非課税枠があり、これを超えた部分を相続税の計算に入れます。

同じ金額を預貯金で残すより、相続税を節税できることになります。
死亡保険金とは別に、死亡退職金についても「500万円×法定相続人の数」の非課税枠があります。

法人が保険会社と契約して、会社として受け取った死亡保険金を相続人に支払えば死亡退職金になります。

個人事業者や中小企業経営者が個人で小規模企業共済に加入していれば、死亡によって受け取った共済金は死亡退職金と見なされて、非課税枠を利用できます。
死亡保険金を納税資金にあてる場合は、相続税を負担する人を受取人にします。

配偶者が死亡保険金を受け取り、子どもに納税資金がない場合、代わりに支払うと贈与になり、貸し付けにすると返済が必要になります。


生命保険を遺産分割に活用する相続対策もあります。

死亡保険金は、相続税の対象にはなりますが、遺産分割の対象外です。
また、被相続人の生前に満期金などで保険金を受け取っていても、遺産には入れる必要がありません。
このように相続対策に有効な生命保険ですが、本人が契約者となって、保険料を全額負担しておくことが必要ですので、注意しましょう。今年から相続税もその税額が変更になり、相続対策に関して考え始めたという人も多い事でしょう。


相続税を支払った上で出来るだけ多くの財産を遺族に引き継ぐためにはどのようにすればよいかを考えておくことは非常に重要なことです。

特に不動産を多く所有している人にとっては、その対策は非常に重要です。


なぜなら、相続税に於ける不動産の評価額と実際の市場における評価額とは大きく異なる場合が多いからです。
しかも相続税の課税に於いては原則として現金で一括での納付を義務付けられます。


もちろん税務署との交渉により分割で支払うことも可能になることが有りますが、それにしてもその課税額が大きくなることが多いため、中にはせっかく相続した不動産を売却して相続税の支払いに充てざるを得ないというケースも少なくありません。

その為、自分が仮に亡くなった場合にその遺産がどの様な形で相続されるのか、どのような形で相続することが遺族により多くの資産を残すことができるのかといった相続対策を生前にしっかりと考えておく必要があるのです。

また、相続対策を行うことによる別のメリットもあります。

相続に関する法律の内容を良く知り、また効率的な資産運用を行うための知識を得ることができる良い機会になるという点です。法律に詳しい彼らのアドバイスを受けながら最終的にどのような形で相続することがより良い方法なのかを考えることで、自分の現在の財産の整理と、今後の資産運用を見直すきっかけにもなります。